2月号掲載【第七回 三益式】取材風景

2019.01.03 / thu

『第七回 三益式』

@ホテルキャッスル

 

繋がりを築き、絆を紡ぐ。30歳の成人式

 

年初めは成人式や同窓会に参加し、久々の再会を喜んだ人もきっと多いはず。熊本で毎年行われる30歳の成人式『三益式』がホテルキャッスルで3日に開催されました。

第7回目を迎えた今回のテーマは『繋(つなぐ)』。会場は約250人の同級生でいっぱいに。平成を彩る懐かしの映像から式典が始まり、ベリーダンスと書のパフォーマンスで会場を沸かせた後は、実行委員長・小田さんの挨拶、乾杯と続きます。立食スタイルでお酒を酌み交わしながら、学友との久々の会話に花を咲かせたり、新たな出会いに心を踊らせたり。通常の同窓会とはまた一味違う雰囲気に、あちこちで笑顔が弾けていました。

そして今回特別ゲストとして、熊本出身で今や大型フェスやイベントでは欠かせない存在となっているバンド『KEYTALK』のフロントマンを務める、同じく30歳の寺中友将さんが登場。同年代に刺さる懐かしの名曲のカバーなどをギター弾き語りで披露し、会場にさらに一体感が生まれました。

 

 

その後、事前アンケートに答えるとプレゼントが当たる抽選会や、高校の制服当てクイズ大会が行われ、終始笑顔が絶えない賑やかな雰囲気の中幕を閉じました。

本誌編集担当も短い期間ではあったけれど、実行委員に参加させてもらい、実行委員達の活動を目の当たりにしてきました。

大人になってから、多くの同年代の人たちとひとつのことに取り組む機会は、そうそう無いだろうと思います。これから30歳を迎える方々は、ぜひとも参加していただきたいと願います。今回の式も、これまでの繋がりはもちろん、これからの繋がりから生まれる新しい風を予感させる、始まりの場となったに違いありません。

新たな繋がりや絆を紡ぎ出す機会として、来年以降の開催にも期待が高まるばかりです。

 

Share Me