【2月号特集:思い出スウィーツ】Sakata Sweet

視覚、味覚、嗅覚で。五感をもって思い出に刻まれているスウィーツを、誰しもが持っているはず。地元に根差した食材を使ったものや、幼い頃の記憶を呼び起こすもの。そんな、思い出に残るスウィーツを『シティ情報くまもと2月号』に掲載の「思い出スウィーツ」企画にて、ピックアップしました。

 

先日ご紹介した『食卓mano』に続いてお届けするのは、西原村に佇む『Sakata Sweet』のシフォンケーキのお話です。

 


 

優しい味わいは、地域の希望の光。

@Sakata Sweet

 

「生シフォンケーキ」(写真はマーマレード味)。味はマーマレード、チョコ、チョコカフェオレ、抹茶の4種類と、季節によって旬の素材を使ったものもあり。 [生シフォンケーキ:ホール(18cm)800円 / ホール(14cm)600円 / カット220円]

一度食べたら虜になってしまう『Sakata Sweet』のシフォンケーキ。その魅力的な食感と味わいは、多くの人を虜にしています。

同社は’12年に焼菓子や弁当を中心とした卸業を開始。当時からシフォンケーキは大人気商品だったそう。その後、’16年の熊本地震にて加工場が被災し、販売中止を余儀なくされました。しかし、「またあの味が食べたい」と商品再販を望む声がいくつも上がり、「大切畑地区の再生のキッカケになれば…」と一念発起。震災からわずか半年で、加工場と新たに店舗を構えることに。震災前と変わらない優しい味わいに、人々は安心感を得られたに違いありません。

 

 

そんな多くの人から愛されるシフォンケーキは、コッコファームの新鮮朝採り卵の卵白のみを使用しており、素材本来の甘さを楽しめると評判を呼んでいます。甘いものが苦手な人からも好評なのだとか。

きめ細かいしっとりとした感触と、ほどよい弾力のあるふわっとした食感で、頬張った瞬間思わず笑顔がこぼれます。また、ここ数年では、近くの幼稚園の誕生日ケーキとして毎月配達しているそう。これから先も、子どもたちの思い出の味として紡ぎ伝えられていくのでしょう。復興が待ち遠しい大切畑地区の希望の光です。

 

もともとコッコファームの卵のファンだったという代表・坂田さん。シフォンケーキをはじめ、焼菓子もすべて同社の卵を使用しているのだそう

 

(シティ情報くまもと2019年2月号本誌掲載)

 

Sakata Sweet

住所

阿蘇郡西原村小森2005
電話番号

096-279-3071
営業時間

10:00〜16:00
定休日

水曜

P

あり

カード

不可
http://www.nishiharamuranochiffoncake.com/

Share Me