【3月号特集:カレー新世界】サンテリア

 

香りだけで何の料理なのかわかってしまう、それがカレー。
使うスパイスの種類や量によって味わいがまったく違うものになるし、
同じスパイスを使っていても作る人や素材によって風味が変わる。
ディープな民族カレーからイノベーティブなカレーまで、
それぞれが個性を持つスパイスカレーの新世界。
その“香り”という圧倒的な魅力を存分に味わってみましょう。

 

『サンテリア』の粗挽きポークとヤゲンなん骨のキーマカレー

 

 

病みつきになるカレーをご存知でしょうか。元々味自体はほぼないスパイスの香りを油や肉、野菜の旨みで引き立て、塩気で味を整えた『サンテリア』のカレーは、刺激を舌で感じながら香りと味、食感までも存分に楽しめます。

多めの油にスパイスの香りを移すことで旨みが凝縮したカレー。そしていい仕事をしてくれているのが、店主の小山さんが行きつけの焼き鳥屋でつくねを食べているときに入れることを思いついたという、ひき肉の中に紛れたヤゲンなん骨の存在感です。このコリコリした食感のヤゲンが噛むほどに幸せを感じさせてくれるニクいヤツ…。想像以上の美味しさに、キーマカレーの可能性は無限大だと感じずにはいられません。型にはまらない、けれども確かなキーマカレーと言える、旨みがギッシリと詰まった中毒性を持つ傑作です。

 

夜はバータイムとなり、おつまみもあるのでお酒を楽しんだあとシメにカレーを楽しめる

 

 

(シティ情報くまもと2019年3月号本誌掲載)

CURRY&BAR サンテリア

住所/熊本市中央区大江6-25-4

電話/080-3905-7002

営業時間/ランチ12:00~14:30、バータイム18:30~22:00(カレーはなくなり次第終了)

休/月曜(ランチのみ営業)・火曜

P /なし

カード/不可

Instagram /@santeriacurry

Share Me