【3月号特集:カレー新世界】香辛喫茶 Lion Curry

 

ディープな民族カレーからイノベーティブなカレーまで、
それぞれが個性を持つスパイスカレーの新世界。

5軒目は、本山町にある、行列ができるカレー屋『香辛喫茶 Lion Curry』さんをご紹介いたします。
※春頃、移転予定。移転先や詳しい日程などはSNSにてチェックをお願いします。
Instagram @lion_curry

 

 

『香辛喫茶 Lion Curry』の阿蘇自然豚のキーマカレー

 

 

ランチ時には行列ができ、夜の営業終了予定時間前に売り切れてしまうと噂の『Lion Curry』さん。「中辛からありますが、スパイスをより味わっていただくためには辛口からがオススメです」という店主、福島春馬さん。福島さんが作るカレーは南インドやスリランカへ実際に訪れた際、現地の人に教わったレシピをベースに日本人向けに食べやすくアレンジしたものなのだそう。熊本の食材の良さを再認識したという福島さんは、今年に入ってメニューを一新し野菜や肉は熊本県産を使用しています。いい香りとともに運ばれた一皿には、6種のスパイスと炊き込んだ黄色いライスに、店内で作られた粗挽きミンチの肉々しいキーマ、玉ねぎのアチャールと大根のピックル、高菜のポリエールという3種の付け合わせにミニトマトやレンコン、サツマイモと県産野菜がゴロッと乗っていて彩りも抜群です。後からくる辛さにシビれつつも、複雑なスパイスの味わい、野菜と肉の旨みにスプーンが止まらなくなります。

 

(シティ情報くまもと2019年3月号本誌掲載)

 

店名の『Lion Curry』は福島さんが以前組んでいたバンドの名前から付けたそう。当初は一人で営業していたが手が回らなくなったため、今は奥さまと2人で営業中。飾られた絵は、店名のライオンと福島さんがバンドで担当していた楽器のギターを、友人に描いてもらったもの

香辛喫茶Lion Curry

住所/熊本市中央区本山町315

電話/070-5530-4045

営業時間/11:30~20:00(なくなり次第終了)

休/日曜・不定

P /あり

カード/不可

Instagram /@lion_curry

Share Me