【4月号特集:ひとりごはん】誰でもいつでも受け入れる、器の大きい店。

少し時間が空いた時、たまには一人でゆっくりしたい時。
いつでも気兼ねなく立ち寄れるお店があったら、
それはきっと私たちにとって心強い味方になるだろう。
今回はそんな、おひとり様も自然と受け入れてくれる、
カフェやレストラン、居酒屋をピックアップしました。

 

今回は本誌でご紹介している中から、ひとりごはんデビューの地としてもぴったりな『高松食堂』の話をお届けします。


 

誰でもいつでも受け入れる、器の大きい店。

@高松食堂

 

街の中心部ですぐにご飯を食べたい、ちょっとだけ飲みたい、バスやタクシーに乗る前に〆の一杯を食べたい…。

そんなあらゆる願いに応えてくれるのが、下通アーケードからも程近い三年坂通りに約4年前に移転した『高松食堂』。

 

バリで買い付けたという大木のテーブルと椅子が、モダンな雰囲気を漂わせつつ温かさを醸し出す。テーブル席もあり、ひとり飲みはもちろんグループでの利用も可能

 

もともと中華そばが有名な人気店だが、昨秋から始まった「ちょい呑みTime」(15時から実施)もあることから昼間も豊富なお品書きが揃います。
東京で約30年前に食べた中華そばに惹かれ、熊本でも食べたいと思ったことがきっかけで、中華そばの提供を始めたというオーナーの高松さん。

スッキリとした後味が特徴の、鶏ガラベースの醤油スープは “あっさり”をベースに、熊本県民の味覚に合わせた “こってり”風味を追加、さらに味噌、ごま塩、担々麺などメニューがどんどん増えていき、現在では麺類も多様なバリエーションを誇ります。

 

特製醤油あっさり中華そば(850円)はスープの喉ごしも良い、箸が止まらなくなる逸品。煮卵のトロトロ具合もたまらない、ファンが多いのも納得の味わいだ

 

県民に寄り添う味を惜しみなく作り続ける姿勢が、場所を変えても長年に渡ってなお、多くの人々に愛されている理由かもしれません。昼呑みや0次会から〆の一杯までを支え、かつ豊富なメニューで誰しもを受け入れる器の大きさを持つ『高松食堂』は、ひとりごはんデビューの地としても最適な場所に間違いありません。

(シティ情報くまもと2019年4月号本誌掲載)

高松食堂

住所

熊本市中央区下通1-4-3 宇野ビル1階
電話番号

096-325-8886
営業時間

15:00〜翌4:00(OS翌3:30)
定休日

水曜

カード

P

なし

Share Me