【4月号特集:持ち帰りの逸品】木村屋酒店

 

休日や仕事や学校から帰ったあとに訪れるひとりの時間。手間暇かけて料理を作るのもいいけど、たまには手を抜いてテイクアウトしたものでプチ贅沢を楽しみたい。そんな時間を噛みしめたいアナタに贈る、持ち帰りの逸品たちをご紹介します。

 

自由な嗜み方を受け入れてくれる懐の深~いビールと独りの夜。

BRUTONとHOKKAIDO CRACKERS

 

写真左「BIANCA」はガルファーナ地方のスペルト小麦と、小麦を使用して醸造された明るく淡い乳白色のビール。シンプルに食前酒として完璧な味わい。中央の「BRUTON ゴールデンエール」はアルコール度数の低いクリアビール。軽いボディと繊細な香りは、ドイツ産と大陸のホップの典型的な花とハーブの香りを思い起こさせる(各972円)。写真右の「HOKKAIDO CRACKERS」は北海道の『NORTH FARM STOCK』が生産する北海道小麦を使ったパッケージもかわいいクラッカー。そのままでももちろんチーズと合わせても絶品。美味しさに食べる手が止まらなくなってしまう危険アリ(389円)

 

城下町・新町に百余年続く老舗『木村屋酒店』。初代から三代目までは、清酒「七瀧」や「芳薫」を醸造していました。現在は五代目当主が、父や祖父たちの酒づくりの精神を継承し、尊敬する人たちや大好きな人たちがつくる、本当に美味しいと感じるお酒や食べものだけをセレクトしています。今回、ひとりの時間を楽しむために紹介してくれたのは、イタリアのトスカーナ地方で作られているクラフトビール「BRUTON」。

文学作品やアートと同じように、いろいろな人に解釈されることでその深みを増すイタリアンビール。遊び心満載で繊細なブルトンのビールを自由に嗜んでみよう。おつまみは、オニオンの香ばしい香りが風味豊かなピリ辛クラッカーで決まり。

(シティ情報くまもと2019年4月号本誌掲載)

木村屋酒店

住所/熊本市中央区新町2-12-31

電話/096-352-0835

営業時間/10:00〜20:00

定休日/水・木曜

P/あり

カード/PayPayのみ可能

Share Me