【イベントレポート】OMK九州TOUR in 熊本supported by アナタと熱帯

2019/3/23/SAT. 『OMK九州TOUR in 熊本supported by アナタと熱帯』 @NAVARO

Instagram:@anata_to_nettai

 

掘っていくと見えてくるローカルの面白さ。人との縁と出会いのその先へ。

今回潜入したのは、奇数月の第3水曜日の夜に開催される『アナタと熱帯』。世界各国をテーマに設け、その国に合わせたDJやフードが楽しめるイベントだ。

本誌3月号でも紹介した今回は、アジアの音楽やカルチャーを日本に広めるOMC(ワンメコン)とタッグを組んだスペシャルな回。

 

 

OMCのメンバーsoi48、MMM、Young-Gによるトークショー、通称ワンメコン・ミーティングが冒頭を飾った。

彼らが東南アジアの現地で目に、耳にした音楽を、そのときの衝撃や興奮とともに共有する場で、まるで友人に教えてもらうかのような距離感でディープなトークが繰り広げられた。インターネット上では知りえない情報が、溢れるほど与えられる貴重な機会。

 

 

印象的だったのは「動画配信サイトの再生回数が楽曲のプロモーションに使われるような今、音楽は聞いているようで聞かされている。僕らはマーケティングされているんです」という言葉。

 

 

音楽をスマホでディグるようになり、再生回数などが楽曲の良し悪しをはかる一種の指標となっている中で“売れている”とされるものと、現地の小さなイベントでDJが流すもの、どちらがアジアの音楽と言えるのだろうか。皆がこぞって高級ブランドを持つように、音楽もそうなっていいのか。今まで誰しもが直面し、あえて触れてこなかったところに切り込む彼らを見て、改めて音楽の奥深さを知った。そして生身の繋がりがないと見つけられない、アジアのリアルな音楽や文化そのものを伝える彼らと想いを共有するのが『アナタと熱帯』なのだ。

 

 

トークショーの後は、DJ、ライブと続き、ここからがパーティーの真骨頂! 難しいことは考えず、皆が歌って踊り、本能のまま楽しんだ。

 

SpecialThanks!『アナタと熱帯』メンバーのみなさん

 

次回は5月の開催だそう。

街から少し離れた地下で、アツく美味しく楽しい夜を過ごしてみてはいかが?

 

(シティ情報くまもと5月号掲載)

Share Me