《Visio》INDIVIDUAL EYEWEAR LOOK -春の個性派アイウェア-

普段使いにプラスして、お洒落着用に特別な一点が欲しい。クリアレンズを入れてダテメガネとして使うもよし、カラーレンズを入れてサングラス使いするもよし。それをかけるだけで、人とは違う世界観が生まれるアイウェアを、Visioからピックアップしてお届けします。

 

アイウェア Visio (@eyewearshop_visio)×スタイリング &Chill (@and_chill)

 

#PADMA IMAGE

「感覚の追及」をデザインコンセプトとし、シンプルでありながら、違和感を与えるアイウェアを展開するブランド。あるはずのものがなかったり、機能的に不要なものがついていたり、ミニマルな時代だからこそ、特別な「違和感」を楽しんでほしいというメッセージが込められている。

 

ボーダーT/RICE NINE TEN(1万9440円)
ROTARY 102(2万9160円)

 

Shita-Shita(3万9960円)

Geometry(3万1320円)

 

#studio skyrocket by tange

福井県鯖江市に工房を構え、品質と作りこみにこだわるために、制作のほとんどを作者・丹下さん本人の手で行っているというアイウェア。眼鏡としての制約を守りつつ、表現できる可能性がどれだけあるのかを求めて製作される作品には、その熱い想いと、彼の独創性が溢れている。

 

テーラードジャケット/QUOLT(3万7800円)、Tシャツ/QUOLT(9504円)
DEEP HALF(3万9960円)

 

OOGA(3万9960円)

 

TERERE(3万9660円)

 

Visioでは、このGWからイベントも開催!

4月27日(土)~5月31日(金) 『MADE IN JAPAN FAIR』

日本国内で作られた選りすぐりのブランドが大集合するそう。

詳しくはこちら:Visio Facebook

 

春のお洒落にメガネを取り入れてみてはいかが?

Visio

住所

熊本市中央区下通1-5-14 TTビル1階

電話番号

096-322-6264

営業時間

10:30~20:00

定休日

なし

P

提携駐車場あり

カード/可

https://www.taihodo.net/visio/

Share Me