5月号のタウンガール:荊原美紀ちゃん×『ichie』

 

ユーズドショップの紅一点!会いに行きたくなる笑顔の持ち主

5月号のタウンガール:荊原美紀ちゃん @ichie_miki_

 

昨年の夏、シティ情報くまもとと大学生が一緒に作るフリーマガジン《mix》の学生編集部に参加してくれた荊原美紀ちゃん。編集部の時とはうって変わって、髪の毛をばっさり切り、就活モードになっていた彼女だが、人懐こい笑顔は健在だった。最近は、哲学っぽいところが好きだというフランス文学を読むのにハマっているそう。

 

 

かたや、ファッションも好きな彼女がここで働き始めたのは、昨年11月のこと。「元々、古着が好きでたまらない…というわけではなかったんですが、始まりが『ichie』だったので、移転する前からずっと通ってました」と話す。ここは、彼女が古着を楽しむようになったきっかけの場所だ。店主の西さんに、何気なくアルバイト先の相談をしたところ、「ここでいいんじゃない?」と誘ってもらったのだと嬉しそうに教えてくれた。

 

 

基本的にはメンズの古着が多めではあるが、レディースサイズが揃うラックもある店内。「軍パンなんかはベルトで締めてしまえば全然履けるんですよ。私が今日履いているのもそうです」と、この日はデッドストックのトップスと合わせ、ラフに着こなしていた。そんな彼女の存在は、きっと古着が気になる女子にとって、店の扉を開く勇気のもととなるだろう。

 

(本誌5月号掲載)

Share Me