【ロアッソ熊本Vol.15】今季加入、期待のルーキー。献身プレーでチームに勝利を呼び込め!

 

「シティ情報くまもと」6月号に掲載の、ロアッソ熊本の選手に、“夢”をテーマにサッカー選手を目指したキッカケや、今後の目標をインタビューする企画。

第15回目は、山口県出身の小笠原 佳祐選手にお話を伺ってきました。
5月25日(土)の本誌発売に先駆け、インタビューの一部をご紹介します!

 

 

個人の活躍よりも
チームの勝利に貢献したい

プロのデビュー戦は3月の讃岐戦でした。ホーム戦だったというのもあり、まず高校や大学の時とは観客数が比較にならないくらい多いと思いました。もちろん勝てればよかったのですが、ディフェンスとして失点を0に抑えられたので、及第点くらいはもらえるのかなと。もともと個人で活躍したいという思いはなくて、これまでもチームのためにやってきたという気持ちがあり、ポジション的にもそういう評価のされ方をすると思っています。大学4年生のときは特にキャプテンとしてチームを俯瞰した位置から見るようにしていました。得点力不足を補うためDFからFWにポジションを変えるよう志願したのも、自分なりにそれがいいと考えた上での行動でした。

ロアッソへの加入を決断したのは、試合を観戦させてもらった時。練習では闘志をむき出しにするタイプじゃない選手が感情をあらわにしているシーンを見て決意が固まっていきました。

(熊本入りが内定した昨年11月、自身の心の内をツイッターで発信し反響を呼んだことについて)加入内定の発表が定型文のような内容になってしまって、自分なりに悩んだ末の決断だったのもあり、リスクはありましたけれどツイッターに書き込みをしました。はじめは反響が広がっていくのが、ポジティブなものかネガティブな意味なのか分からなくて、コメントをいただくようになってから、ポジティブな要素が強いなと安心した部分がありました。

 

 

今回のインタビューで、今季ロアッソ熊本へ新加入したことへの想いや、プロとしてこれからの目標を語ってくれました。
本誌ではこの他、これまでのサッカー人生、家族やプライベートのことなどを語ってくれています。

5月25日(土)発売の『シティ情報くまもと6月号』をぜひご覧ください!

 

 

 

|プロフィール|

小笠原 佳祐(おがさわら・けいすけ)
DF/背番号3
生年月日/1996年6月7日
身長177cm/体重72kg
出身地/山口県

東福岡高校時代にインターハイ優勝を経験。筑波大に進学し、3年生時にリーグ優勝に貢献、4年生で主将を務めた。今季ロアッソ熊本に入団し、3月24日の讃岐戦でデビュー

Share Me