【インタビュー】2nd Full Album『Things change but not all』/ Leola

約一年ぶりに本誌に登場した、火の国・熊本が生んだ歌姫Leola(レオラ)。ハワイ語で“Leo”は声を、“la”は太陽を意味する「Leola」 は、まさに夏にピッタリな雰囲気を纏う。これまで、太陽の陽射しに輝くロングヘアが印象的だった彼女が、心機一転、今回は髪をバッサリ切って登場。夏や海が似合う彼女にぜひ紹介したかった、ビーチを彷彿させるカフェ『Manly』に招待して、8月7日(水)にリリースとなるアルバム「Things change but not all」に込めた想いを聞いた。

 

Profile / 熊本県出身のソロシンガー。’16年「Rainbow」でデビュー。同年テレビドラマ『ラヴソング』への出演を機に知名度が急上昇。’18年には映画の主題歌に「Puzzle」と「Kissing」がそれぞれ抜擢され、今年にかけて3ヶ月連続でシングルをリリース。その勢いのまま、8月7日に2nd Full Album『Things change but not all』を発売することが決定。本作を携え現在全国ツアーを実施している

 

『シティ情報くまもと8月号』(’19年7月25日発売)の誌面では文字数の都合により、残念ながらお届けできなかったインタビューの模様を『KUMAMACHI NAVI』ではすべてお見せします!

昨夏行ったインタビューの模様と併せてお楽しみください。

【インタビュー】Mini Album『LOVE,LIFE&LAUGHTER』/Leola

 

「ありのままの姿でいてほしい」というメッセージを、歌に乗せて届けたい。

 

ー『Manly』は、オーストラリアにある「Manly Beach」というビーチの名前から店名を取っているそうです。夏や海のイメージが強いLeolaさんにぴったりかと思い、今回セッティングさせて頂きました。
Leola:ありがとうございます!雰囲気がとっても可愛いですね。
ー前回のインタビューでは、お酒がお好きだと伺いましたが、最近ハマっているお酒はありますか?
Leola:最近はまたハイボールに戻りました。焼酎に一時期ハマっていたんですけれど、体を絞ろうかなと思って、カロリーや糖質などが低いと聞いたので、ハイボールを飲むようになりました。

 

オーストラリアでは「ロングブラック」と呼ばれる、水にエスプレッソを注いで作るアイスコーヒーをチョイス。ほのかに香るアロマに癒される

 

ー普段もコーヒーは飲まれますか?
Leola:すごく好きで、家でもドリップして飲んだり、豆を挽いたりしてます。
ー豆から挽くんですか?!
Leola:そうなんですよ〜!
ーLeolaさんは深煎りと浅煎りはどちらがお好きですか?
Leola:私は深煎りが好きです。結構苦味のあるものが好きで。牛乳はあまり飲まないんですけれど、豆乳で割って飲んでいます。
ーそれもまたヘルシーですね。ところで熊本でこの夏、行きたい所はありますか?
Leola:天草のイルカウォッチングには、小さい頃に行ったことがあるか無いかくらい、記憶に無いので行きたいです。先日友達が行っていて、私も近くで見たい!と思いました。

 

ーそれでは、今年8月7日(水)にリリースされる、新アルバムについてお伺いしたいと思います。まず、アルバムの発売に先駆けて3ヶ月連続、4月からシングル曲を配信されてますね。その内の一曲「STAY BEAUTIFUL」ですが、歌詞中の「移り変わるタイムラインがToo much…」という部分など、現代人の心に寄り添うような印象でした。
Leola:「STAY BEAUTIFUL」は少し攻めた内容の歌詞にしたかったんです。自分自身も普段SNSをしているのですが、そこでカッコいいことを言わないといけないとか、SNS映えを目指さないといけないとか、そろそろそういうことに疲れてきている人もいるんじゃないかなと思って。私自身もSNS上でたまにカッコつけることに疲れる時もあるので、そういう自分自身に対しても、「映えなくても良くない?」と。そのまま加工しなくても素敵な景色ってたくさんあるし、普段行くカフェだって思い出に残っていくじゃないですか。そういうものを、ちゃんとメモリーとして残して、「ありのままの姿でいてほしい」というメッセージを、歌に乗せて届けたいという想いを込めています。映える写真を一生懸命探して撮影するような、スマホに向かっている時間よりも、誰かと接して笑い合う方が私は素敵だと思うし、大事だなと思っているので。
ー特にSNSにとらわれているような子達にとっては、すごく癒されるというか。
Leola:たまにはそういうデットクスをして良いんじゃないの?と、メッセージを投げかけています。

 

ーそして配信2曲目が、5月31日にリリースされた「After the rain feat.FUKI」。まさに梅雨明けの時期にもピッタリな曲ですね。
Leola:リリースが雨の季節が始まる時期だったんですけれど、やっぱり雨の日ってジメジメするし、洋服も濡れちゃうし、憂鬱になるじゃないですか。あまり外に出たくないと思いがちだけれど、そういう雨の日を楽しく過ごしてほしい。例えば、無理やり外に出ろとは言わないけれど、お家の中で大切な人との思い出に想いを巡らせて、「じゃあ雨が止んだら会いに行こう」って、そういうプラスな気持ちになってくれたら良いなと思って作りました。今回、FUKIちゃん(女性アーティスト)と一緒に初めて楽曲制作をしたんですけれど、彼女も恋の歌がすごく上手で。女性同士の友情、感謝の気持ち、支え合っているという友情の形もあったり。そういう友情関係にも当てはまると思うし、いま恋をしている人が聴いたら、大好きな人を思い浮かべるという、あえて男女という括りを見えないような作り方をして、恋と友情どちらにも捉えることができる歌にしました。
ー雨の日の歌というと、どうしてもネガティヴな印象になりがちだと思うのですが、ポジティブなイメージに変えられる、まさにLeolaさん流の雨ソングだなと感じました。
Leola:ありがとうございます!私も太陽や青空、どちらかというと「陽」の方にテンションがいってしまいがちで、これまでの曲も晴れているものが多かったんです。今回初めて雨の歌を作って、ただ単に「雨が嫌」ということじゃなく、前向きに捉えられるような曲にしたいなと思って作りました。
ー実際、雨の日は好きですか?
Leola:晴れている日は外に出たいと思うし…すごく極端なんです。雨の日は雨の日なりに、「今日は家でゆっくり映画三昧しよう」とか、そういう風にポジティブに切り替えています。夏なると「雨に濡れても全然大丈夫!」という感じで、サンダルであえて外に出て行ったり。そういうのは平気なので、雨の日でも思い切って外出したりしています(笑)。
ーじゃあ子どもの頃も、夏の突然のスコールさえ楽しんだりした方ですか?
Leola:あぁもう、子どもの頃は長靴履いて学校に行くじゃないですか。帰りに雨が降っていると、長靴の中に水を溜めていました(笑)。ダバダバ〜って(笑)(長靴をひっくり返すジャスチャーで)。母から「あんたビショビショやん!」って怒られました(笑)。
ー雨でもそんな楽しみ方があったんですね(笑)。

 

ーそして6月28日に「Alright! 」が発売されました。この曲も「待ってました!」というLeolaさんの夏ソングですね!
Leola:嬉しいです!ありがとうございます。この曲は、ツアーとアルバムのキックオフとなるリード曲です。私のこの夏の決意表明として、「ここから皆でもっともっと先まで行くぞ!走っていこう!」と。スタートダッシュを切るという意味でも、皆さんの手を引っ張れるような楽曲にしたいと思っています。この夏はもちろん、その先に向けて、もっともっと叶えたいと思っている夢もたくさんあるので、そこに向けてもう一度スタートを切ろうという想いも込めた曲です。
ーLeolaさんはいま、どんな「夢」をお持ちなんですか?
Leola:デビュー当時から、憧れの武道館にいつか立ちたいという想いをずっと持っています。そしてその夢を叶える為に、もっともっと頑張らないといけない時期にきているなと感じています。今は皆さんの力を借りながら、ライブハウスツアーをしていますが、ライブに来てくれる皆さんと一緒に武道館に行けるように「ここから皆で走って行こう!」という、そんな決意を込めた楽曲に仕上がっています。
ー「皆で行こう!」という気持ちが素敵ですね。
Leola:むしろ「皆が私を連れて行って!」という感じです(笑)。

 

 

ー先ほどもお話されていましたが、現在はツアー真っ最中ということで。反響はいかがですか?
Leola:まだ一公演しか終わっていないのですが(取材日は6月20日)、ツアーのスタートきっかけに髪をバッサリ切ったんです。
ーロングヘアのイメージが強かったので、本日お会いして驚きました!
Leola:初日に何も言わずにこの姿でステージに上がったら、お客さんもすごく喜んでくれて。そのことにもすごく良い反応をもらえて嬉しかったですし、前回のツアーから2年程経っているんですけれど、さらにステップアップできるように、お客さんのもっと近くに行きたいという想いから、なるべくお客さんの顔をよく見て、声のやり取りをしたり、自分が感じたことを皆さんに積極的に見せていこうと。それを初日に実践してみると、私が心を開いたら、皆さんも心を開こうとしてくださっているのが伝わってきたので、すごく良かったなと思います。今回の9月までの長いツアーの中で、どんな風に変化していくのかすごく楽しみです。
ーツアー最終日が楽しみですね!SNSでも反響などチェックされたりしていますか?
Leola:普段は落ち込んでしまったりするので、あまりチェックはしないのですが…。ツアーの初日は「Leola」で検索しました!いい反応ばかりで安心しました。
ーどんな声が上がっていましたか?
Leola:初めてライブハウスに行くという方もいらっしゃったようで。「初めてだったけれど、ライブハウスの距離感だったり、熱量がすごく良かった」とか。後は、一人で来られる方もすごく多くて、「一人参戦だったけれど、周りのお客さんも優しくてすごく楽しめました」とか、そういう声をいただいたり。そして、髪を切ったことに関するコメントもすごく多くいただきました!嬉しかったですね。
ーお客さん同士でも温かいやり取りがあるんですね。
Leola:実はツアーの初日に、私もすごく感動した出来事があったんです。事前にInstagramのDMで、「小学校低学年の娘とライブに行きます。娘はLeolaちゃんのことがずっと好きで、今回初めて連れて行きます。身長が低いので、ライブハウスでちゃんと見せてあげられるか心配ですが、楽しみます!」とメッセージをいただきました。私が自分のアカウントを使って、Instagramのストーリーにそのことを載せたら、周りのファンの子達が気付いてくれて、ライブ中にその子を代わる代わる抱っこして、私に見えるようにしてくれていたんです。それがすごく素敵と思って。こういうことってあるんだなと感動しました。
ードラマのようなお話ですね。
Leola:皆さん優しいです。本当に心が温かい方が多くて。なので、一人でもぜひ怖がらずにライブに来ていただきたいです。

 

ーツアーでも披露されているアルバム「Things change but not all 」。これは「変わりゆくもの、変わらないもの」という捉え方で合っていますか?
Leola:はい!そうです。
ーどんなアルバムになっていますか?
Leola:ファーストアルバムの発売から、ツアーの開催と同じく2年が経って、久しぶりの大きな作品となります。前回のファーストアルバムをリリースした直後に発表した「puzzle」という曲や、ずっと応援してくれている方にとっては、懐かしいと思える曲が入っていたり、また、ここ最近は配信でも楽曲をリリースしたり、いろんな挑戦をさせてもらった楽曲が入っていたりと、この2年間辿ってきた道がしっかり見えるような内容になっています。私も最近髪を切ったことで変化したし、時代も平成から令和に移って、思ったよりも時代の変化っていうのをずっしり感じていて。時代に合わせて変わっていくべきものもあるし、もちろん私自身も変わっていきたい。年代を重ねるごとに書きたいことや歌いたいことって、どんどん変わっていくと思うんです。
でも、そんな中でも、今回アルバムに収録されている楽曲は、「変わらずに芯を持って届けていきたい」という想いを込めた曲もあって、それを全部ギュッと詰めていて…このアルバムを一言で表そうと思ったら、一言で終わらなかった(笑)。まとめると、「変わるものもあるけれど、全部ではないよ」ということを、今の自分から言えたらなと思っています。
ーこれまでのLeolaさんの作品を知っている方も、これから初めましての方も、とっても楽しめそうな内容ですね。このアルバムは特にどんな時に聴いてほしいですか?
Leola:等身大の私自身の素直な気持ちが、それぞれの楽曲に反映されているので、共感してもらえることも多いんじゃないかなと思います。ホッとする時間や、すごくがむしゃらに頑張った後にも聴いてほしい。「失敗してもいいんだ」って、前に向かうための曲だったり、後は、一息ついたら、もう一回走りだそうと思ってもらえるような曲も入っていますので、頑張っている方にもぜひ聴いてほしいなと思います。

ーありがとうございます!では、最後に熊本の方々へメッセージをお願いします。
Leola:毎年夏に、お仕事を通して熊本に帰って来られることを、嬉しく感じています。
ファーストアルバムは名刺代わりのような、自己紹介を兼ねたアルバムだったのですが、8月にリリースするアルバムは、今の私自身が感じた想いが詰まった作品になっているので、ぜひ熊本の方々にもたくさん聴いていただきたいです。今回は6月に熊本でのライブが終わってしまいましたが、また熊本で凱旋ライブがしたいので、その時はぜひ会場に足を運んでいただけたらなと思います。

 

来店記念に、店頭にあるサーフボードにサインをしたLeola。ぜひお店でチェックしてみて

 

(シティ情報くまもと2019年8月号本誌掲載)

 

[RELEASE]


◉8月7日(水)発売
2nd Full Album『Things change but not all』
●(株)ソニー・ミュージックレーベルズ / 【初回生産限定盤(CD+DVD)】3700円(税抜)
http://www.leolalala.com/

 

[取材協力]

Manly(マンリー)
住所|熊本市中央区南坪井町5-29 The Salon Bldg 1階
電話番号|096-223-5388
営業時間|平日 ランチ 11:30〜17:00(OS16:00)
ディナー18:00〜24:00(OS23:00)
(金曜〜翌1:00 OS24:00)
土曜、祝前日 11:00〜翌1:00(OS24:00)
日曜、祝日  11:00〜24:00(OS23:00)
定休日|不定
カード|可
駐車場|なし

Share Me