NEW OPEN! Ellery珈琲店

外の喧騒に打って変わり、非日常な別世界で
時間を忘れてゆっくり過ごす

 

Ellery珈琲店は、2016年12月9日にオープンしたクラシカルな喫茶店。
コーヒーはペーパードリップの一杯だてで、一杯一杯丁寧に淹れてくれる。

 

コーヒー豆は神戸の老舗焙煎店、萩原珈琲から仕入れている。最高級の炭火焙煎豆を鮮度を落とさないように少量ずつ発注している

 

コーヒー豆は粗挽きをたっぷり使用して、おいしいところだけを使うので、冷めても香り、味わいが落ちずに最後まで美味しく頂ける。
また、自家製のシフォンケーキはふわふわで、数日ごとにいろんな味を作っているのだとか。

 

お店はイギリスの書斎をイメージしたクラシカルな雰囲気の中に、青色のモダンな椅子を配置してありバランスをとっている。対面式の独特なカウンターの造りは神戸にある茜屋珈琲店発祥のスタイル。そのカウンターの幅、高さなどはコーヒーをゆっくりと味わうのに最適な造りにしている。

 

Wedgwood、マイセン、ジノリ、大倉陶園など高級で貴重なカップが常時100客ほどあり、お客様の雰囲気や季節感に合わせてカップを選んでいるという。このカップで飲みたい、というリクエストも受け付けている。

 

 

コーヒーの美味しさは、「味覚」だけでなく、店内の造りや高級なカップ、所作などの「視覚」、コーヒーを作っているときの音やBGMの「聴覚」、店内に広がるコーヒーの香ばしい香りの「嗅覚」、カップの口触りやコーヒーの舌触りなどの「触覚」の五感すべてで味わい、その総合点がコーヒーの美味しさなのである。

カウンターで一杯ずつ抽出するので、いま自分のためだけに選ばれたカップで自分のためのコーヒーが丁寧に淹れられているんだ、という感覚を感じられるはず。

 

 

オーナーがこのお店を始めたきっかけは、知り合いに昔から喫茶店をされている方がおり、その方に師事して全国の珈琲店を巡る中で、カフェよりもトラディショナルな珈琲専門店が面白くて自分に合っていると思い、お店を造ったのだという。

今、熊本のコーヒー業界がアツい中、こうしたトラディショナルなスタイルの珈琲店を若い人間がすることもカッコイイのではないだろうか。

コンビニでも、チェーン店でも、その人が美味しいと思ったコーヒーが、おいしいコーヒーである。その中でも一番美味しいコーヒーだと多くの人に思ってもらえて、ファンになってもらえるようなお店にしていきたい。来た人にコーヒーを楽しんでもらう、人それぞれの味、濃さ、器でコーヒーを提供したいというのが、Ellery珈琲店の若きオーナーの熱い想いである。

 

 

Ellery珈琲店

住所
熊本市東区湖東1-11-24
電話
096-365-2700
営業時間
11:00~19:00
定休日
水曜日
カード利用
不可

Share Me

コムロード プレミアムセール会場はこちら コムロード プレミアムセール会場はこちら
コムロード プレミアムセール会場はこちら アプライドネット プレミアムセール会場はこちら