冬の黒川温泉へ。

湯あかり
12月22日~翌4月1日

 

寒さが厳しさを増す冬は、黒川温泉の真骨頂。
湯あかりの温もりと贅を尽くした美味が、
きっと心まで暖めてくれるはず。

 

 

黒川温泉の冬の風物詩として話題を読んでいる「湯あかり」。12月22日〜4月1日までの期間限定で開催されるこのイベント、もとは放置竹林の竹害を防ぐために始まったのだとか。地域の竹を使って作られた竹灯籠が温泉街を美しく彩り、ライトアップされた景色は何とも幻想的だ。
中でも、柔らかな竹の灯りが揺らめく雪景色は格別!温泉と美味しい料理のあとは、大切な人とゆっくり温泉街を散策-。
そんな冬だけのお楽しみを満喫しよう。

 

 

 

黒川温泉×FIL
小国杉香るタボレッタポプリ作り

「タボレッタポプリ」とは火を点さないアロマキャンドル。小国杉を素材に、家具やフレグランス商品を展開するFILと共同ワークショップを開催。FILでブレンドした黒川オリジナルの香りに、地元の自然素材などを使った、世界にひとつだけのお土産作り。旅の思い出作りにおすすめだ。

 

平成29年12月3日・16日・24日(1月、2月も開催予定)
[時間]13時〜 ※90分程度 [人数]8名  ※最少催行4名
[料金]3500円(税込) ※ハーブティー付き ※2個制作は6000円
[場所]FIL STORE  熊本県阿蘇郡南小国町満願寺30

 

ご予約は黒川温泉旅館組合の公式サイト

Share Me

クリスマス特集
閉じる