大正のロマンを感じる 日本邸宅で味わう創作料理

健軍の杜 木斛邸

 

 

健軍神社のほど近く、まるでタイムスリップしたかのような錯覚を覚える日本邸宅が佇んでいる。『木斛邸(もっこくてい)』は大正元年に建造されたという豪商水野家のお屋敷。京都から職人を招き建てられたというこの邸宅を、小岱焼再興に尽力した近重治太郎氏が2年の歳月をかけて熊本城近くから現在の場所に移築して復元したのだそう。邸内は、明治期のガラスがはめ込まれた引き戸や、今なおその役割を果たす重厚な梁、レトロな調度品など別世界に迷い込んだような世界観。庭園は作庭の匠『中野和文』の手により創作されており、春夏秋冬、四季折々の姿を楽しめる自然共生の造形美を楽しめる。

 

そんな『木斛邸』だが、今では大正ロマンの空気を感じられる旧邸レストランとして和食を味わうことができるのだそう。18年のキャリアを持つ料理長・廣瀬勇也氏の織り成す『みやび鯛』をはじめとした天草直送の海の幸をふんだんに盛り込んだ創作料理は、その味もさることながら、見る人を楽しませる『魅せる料理』を得意としている。旬の食材をふんだんに使った九つの料理を盛り付けた『九織膳』(1944円~)は、その見目麗しさから人気を呼んでいる。また、西原村の『廣瀬農園』から取り寄せる野菜を使うなど地元の食材への強いこだわりがあり、子どもにも安心して食べさせられる料理を提供していることも魅力のひとつだ。

 

 

 

昼は、『九織膳』をはじめとして、『ランチ会席』(4104円)や数種類のメニューのなかからメインを選べる『木斛御膳』(昼1944円/夜2376円)を楽しめ、夜は『会席コース』(5400円~※要予約)をはじめ、単品料理から注文ができる。また、旧来の土間のスペースを生かしたギャラリー兼ショップも併設されており、天草の窯元を中心としたお皿を購入することも可能。旧家の趣にぴったりな器の数々や、貴重な工芸品を楽しむことができるのも『木斛邸』の魅力だ。そのロケーションから、挙式や披露宴に利用されることも多く、『お屋敷ウェディング』として中庭のご神木『もっこくの木』の前での挙式や、大広間での披露宴が行われている。日本古来の婚礼様式と現代のハウスウエディングが融合した新しいスタイルを提案しており、『木斛邸』の経験豊富なスタッフがしっかりと準備から当日までサポートしてくれる。普通のハウスウェディングでは物足りない。和婚に関心がある。そんな人は『木斛邸』での結婚式がピタリと当てはまるはず。

 

 

健軍の杜 木斛邸

健軍の杜木斛邸 (たけみやのもり もっこくてい)

住所
熊本市東区健軍4-6-5
電話
096-331-4555
営業時間
11:30~15:00(OS14:30)/18:00~21:45(OS21:00)
定休日
月曜
カード

Share Me

コムロード プレミアムセール会場はこちら コムロード プレミアムセール会場はこちら
コムロード プレミアムセール会場はこちら アプライドネット プレミアムセール会場はこちら