【熊本ヴォルターズVol.10】U-15リトルチームが発足! 子どもたちの夢となる存在へ

 

 

毎月、『シティ情報くまもと』に掲載される、熊本ヴォルターズ・松永アンバサダーが選手と本音トークをする人気企画。

今回はコーチとの本音トーク!

記念すべき第10回目は、4月から始動したU-15を対象としたリトルチームのメインコーチに就任した奈良篤人(なら あつと)さんの登場です!

大分県出身。1992年10月11日生まれ。日本経済大学卒業後、レノヴァ鹿児島を経て、2016年に熊本ヴォルターズに加入。ポイントガードとして活躍したが、2017年2月に現役を引退し、同チームのアシスタントコーチに就任。2018年4月からはU-15リトルチームのメインコーチに。

 

バスケについてだけでなく、プライベートにも迫ったインタビューの模様を、4月25日(水)の発売に先駆け、一部ご紹介します!

 

選手を引退した二人

現役から変わったこと

―今回は、選手から裏方へ転向したお二人ですね。

松永 俺とほぼ同時に裏方へ転向したよね。コーチになると聞いたとき、シーズン途中ということもあってめっちゃ驚いたわ。

奈良 前から考えていたことだったんです。選手でいるよりは、コーチになるほうが良い形でバスケに関われると思ったんで。

松永 コーチになって変わったことってある?

奈良 自分の時間が減りました(笑)。あとは、事務作業が増えたこと。パソコンには苦戦しています。もっとちゃんと勉強しておけばよかった…。

松永 俺も自分の時間は極端に少なくなったな。選手のときは練習といっても2時間ぐらい。あとは身体のメンテナンスとか、自分の時間として使えたからね。

奈良 あとは…(考え中)。あっ!運動量が減ったので、食べる量も減りました。

松永 俺は体型を維持したいから、白ご飯も食べないし。体型変わったら、好きな服着れないじゃん。

―そういえば、先月号のファッションスナップに載ってましたよね!(松永アンバサダーは本誌4月号で私服を披露しています!)

松永 あっ気づきました?(笑)。洋服好きなんですよ。なかなかキマってたでしょ?

奈良 建作さんはオシャレですもん。僕も、洋服もらってますし。

松永 篤人は少しは外見に気を使わないと。俺はだらしないのが嫌いだから、週4日ジムに行って身体を鍛えてるよ。

奈良 それって現役時代より多いですよね!?僕も見習って、…忙しくても、週1日は行くようにします!

 

そのほか、奈良コーチのお部屋の話や理想の女性像についてなど、様々なお話を聞かせてくれました。

詳しい情報は4月25日(木)発売のシティ情報くまもとをご覧ください!

Share Me