Kaen craft beer !! メイドイン クマモトのクラフトビール誕生!

今年2月、東区長嶺にあるダイニングレストランの中に、小さなビール醸造所がオープンした。最初のビールの開栓の時、それは、熊本の新たなビール文化のはじまりの瞬間でもある。

これまでは世界中のクラフトビール&肉料理を楽しめる「ビアホールKAEN」として営業していた同店が、ビール醸造所を備えた「Brewery KAEN」として新生オープンした。写真は、去る2月28日、店内で醸造した最初のビールを開く開栓パーティーを開催したときの様子。

 

クラフトビールをブームではなく、

“熊本の文化”に。そして、世界へ発信したい。

鍛島悠作 株式会社ダイヤモンドブルーイング代表取締役

第3次クラフトビールブームにある日本。

そんな中、ここ熊本でもレストラン内に1つの小さな醸造所がオープンした。

ビールを造るのは、料理人でもあるオーナーの鍛島悠作(かしま ゆうさく)さん。

24歳で世界一周を旅し、26歳で鉄板焼レストランを開業するなど、自分の夢を次々と実現してきた。

28歳から30歳までマグロ貿易の仕事で世界を飛び回り、豊かな国にも貧しい国にも、ビールは必ずあると知ったのがきっかけで、世界の共通言語であるビールを商売にしたい!と思った。

なんと、彼のビール造りの知識や技術はほぼ独学。

しかし、世界中のクラフトビールを知る料理人が作るビールとあって、ビールファンをも唸らせる出来上がり。

料理との相性も文句なしだ。

「クラフトビールをブームで終わらせるのではなく、焼酎や日本酒と同じように熊本の食文化にしたい。さらには、熊本のクラフトビールを世界に発信して、熊本の魅力を広めたい、それが今一番の野望です」と力強く語る鍛島さん。

自分のお店をラボにして、熊本のいろんな食材とビールのマッチングを研究する日々。

今後は醸造所を大きくし、ビールの出荷も目指している。

「ダイヤモンドブルーイング」の名を冠した熊本産クラフトビールが、世界中の酒場で口にされる日も近いかもしれない。

 

 

Brewery KAEN

レストランの席に着くと、大きな窓越しにビールの醸造機械を見ることができる。

導入したのは、最大250ℓが作れるスロベニア産の機械。

実際に現地のメーカーまで見に行き、品質を確認した。

新しい熊本ビールの開発に熱中する毎日を過ごしている。

 

 

Kaen craft beer

野菜や果物、ハーブ・・・、様々な農産物を使った、熊本らしいクラフトビールを日々開発中。

1~2週間に1度、ビールの仕込みの日があり、その度に作られるビールが変わる。

何度も通って、新しい「熊本の味」と出会うのも楽しみだ。

-------------------------------------

彼の経歴やクラフトビールに対する熱い想い、KAENを支える醸造・機械のプロのお話など、詳しくは3月25日に発売したシティ情報くまもと4月号をチェック!

 

Brewery KAEN

住所

熊本県熊本市東区長嶺南3-1-102

営業時間

月~木、日 17:00-24:00(OS 23:00)

金土祝前日 17:00-25:00(OS 24:00)

定休日

なし

駐車場

あり

カード

Share Me

第5回コムロードオンラインプレミアムセール アプライドプレミアムセール
第5回コムロードオンラインプレミアムセール アプライドプレミアムセール