天草で名湯と絶品ラーメンを堪能!【天草ゆ楽園】

現在発売中の『シティ情報くまもと』9月号では、特集「入浴の秋」をご紹介しています。
その中で、趣味で温泉巡りをされている天草在住の原田敬三さんに、天草市新和町にある『天草ゆ楽園』の自己流の愉しみ方を教えてもらいました。

 

 

熊本市内から車で約2時間半。天草市新和町に佇む立ち寄り湯『天草ゆ楽園』は、今年で創業23年を迎える、知る人ぞ知る名湯です。

涼しい時期には毎週のように温泉に通っていたという温泉フリークの原田さんが、4〜5年前にふらっと立ち寄って以来、お風呂や施設内の雰囲気にすっかり魅了されたのだそう。地元の人も太鼓判を押すほど、肌触りがいいと評判の「若返りの湯」には、週末の朝から多くの人が訪れます。

 

 

二棟ある円形の建物は天井が高く、内部はゆとりのあるスペースが広がります

 

原田さんに『ゆ楽園』のさらなる魅力を尋ねると「泉質はもちろん、ここのラーメンがまた絶品なんです!」と力強い答えが。風呂上がりによく食べるという「一番区ラーメン」は、天草の豊かな海と山から採れる素材と、化学調味料を使わず自然素材を組み合わせたスープ、熊本産の小麦粉を使った麺など、すべて『ゆ楽園』の社長・竹本さんの手作りで提供されます。

 

 

スープからトッピングまで、天草の海の旨味溢れる「塩ラーメン」(写真右/650円)と、天草大王を中心とする動物系・魚介スープをミックスしたダブルスープと無化調の醤油を合わせた「醤油ラーメン」( 写真左/620円)は、どちらも本当に絶品!スープはサラッとしていて喉越しが良く、胃もたれもしにくいため、風呂上がりにもピッタリです。「一番区ラーメン」の提供は日曜と月曜のみというレア度が高い一品なので、ぜひ日月曜を狙って足を運んでみてください。

 

天草ゆ楽園

住所

天草市新和町碇石81-8
電話番号

0969-46-3926
営業時間

11:00~22:00(土日10:00〜)
休み

火曜

カード

不可

P

あり

Share Me

クリスマス特集
閉じる