11月号 特集「わたしの好きな服」取材風景 vol.3

「わたしの好きな服」取材風景Vol.1、2に続きまして、

さらに別の日の撮影の様子をお伝えいたします。

 

【FRESHMAN】

 

上通りアーケードから一本入った通り沿いにある、イェール大学のスクールカラーをイメージした存在感のある鮮やかなアメリカンブルーの外観が目印の、昨年の10月にオープンしたアメリカをはじめヨーロッパを中心としたヴィンテージを扱う古着ショップ『FRESHMAN』。オーナーの田川さんがアメリカで仕入れた商品の他、厳選したこだわりのアイテムが店頭に並んでいます。
取材を行った次の週にはアメリカに買い付けに行くとのことでした。1周年を記念してたくさんのアイテムを入荷する予定ということだったので、今ならきっと店頭には買い付けしたばかりの新顔たちが揃っているはずです。ぜひチェックしに足を運んでみてください。

 

【City Lights】

 

本誌には初登場のセレクトショップ、『City Lights』。〈AUGUSTE-PRESENTATION〉、〈COMOLI〉、〈Hender Scheme〉、〈UNUSED〉等、質の高い国内ブランドを中心に提案してくれます。「ファッションの面白さや楽しさ、そして刺激」を発信し。見たことのないような新鮮なものを提案し続けたい、と話すのはバイヤーの木下さん。落ち着いた雰囲気の店内には、思わず手で触れてみたくなるような、上質なアイテムが揃っています。

この時の撮影では、階段を何度か登り降りしていただきました。誌面に載る写真はカッコいい感じですが、こちらには笑顔のオフショットを。まだ気温が高い時期でしたが、アウターを着た秋冬ものの撮影に快く協力してもらえて大変ありがたかったです。

 

おしゃれな方たちの、日常の一部が垣間見えるような誌面になっているので、手に取って頂けると幸いです。

 

 

 

 

Share Me