見て歓喜!食べて感動!熊本初!本格藁焼き店が南区にオープン!

藁焼き てんまや

 

『藁焼き天草巡り』(980円)。オーナー自ら天草から仕入れてくるどれも一級品の湯島鯛・大江ヤズ・あぶら鰹の天然の魚を、熟練の職人が豪快に「藁焼き」で焼き上げる。藁特有の香りが香ばしく食欲をそそられる

 

10月15日に熊本市南区にオープンした、和テイストの外観が一際目を引く熊本初の本格藁焼き『藁焼きてんまや』。

熊本で魚が旨いと評判の『旬菜魚麺図天眞屋』が、本物の地産食材を本格的な藁焼きで楽しめるようにと大きく改装を行いリニューアルした話題のお店だ。

吹き抜けの店内は、2階からも藁焼きで焼き上げるパフォーマンスを見ることができ、火が豪快にあがる迫力ある藁焼きに思わず店内には歓喜の声が響き渡る。

 

日本一と言われる純国産の『熊本馬肉の藁焼き~たたき』(1580円)

 

「火加減と焼き時間で大きく味も左右されるため熟練の技が必要」と話すのは店主の松龍さん。「天草の湯島鯛・大江ヤズ・天草大王・純国産馬肉。熊本の一流の食材と、藁焼きならではの香ばしい味わいが融合する旨さをぜひ堪能していただきたいですね!」と、藁焼きの魅力を伝えてくれた。

 

 

藁焼き以外の料理も『天草大王の焼き鳥』をはじめ、『農園バーニャカウダ』や天草天日塩を練りこんだ『オリジナルパンケーキ』など、目でも楽しませてくれるメニューばかり。店が掲げる「見て歓喜、食べて感動、物語に感激」のこだわり抜かれた空間と逸品ばかりの料理は、これからのシーズンにぜひ訪れたい新しい熊本名物の一軒だ。

 

 

あと引く辛さが何とも癖になる『激辛マーボーナス』(580円)

 

 

 

藁焼き てんまや

住所
熊本市南区田迎4-4-39
電話
096-285-5161
営業時間
11:00~14:30(OS14:00)
18:00~24:00(OS23:00)
定休日
不定
駐車場
あり
カード

Share Me